富士河口湖高校同窓生のためのページ

同窓会について

  • HOME »
  • 同窓会について

会長あいさつ

就任のご挨拶 

平成28年7月、河高同窓会総会において、真田前会長の後任として、会長に就任いたしました4期生の天野績男と申します。

先日、久しぶりに母校を訪れ、「富士河口湖高校を何としても良くしたい!」という小石川校長先生の情熱に触れ、また歴代同窓会役員のご苦労をしのび、気が引き締まりました。

そして、校舎やグランド、河高生の制服を見て、高校時代の懐かしい日々がよみがえり、まるで、第2の故郷へ帰って来たような穏やかな気持ちになりました。

 

思い起こせば、高校1年生の3学期に母が病気で他界しました。

「何かあったら先生に相談しろよ!」と、バスケットボール部の顧問、クラス担任の先生方が声をかけてくださり、寄り添ってくれたことが、とても励みになったことを今でも覚えています。

そうした恩師との出逢いや、親身になって関わって頂いたことが、今の私の礎になり、今回の同窓会長をさせて頂くきっかけにもなっています。

 

さて現在、河高同窓会員数は、1万1千人を超え、政治や産業、学術研究、スポーツなど社会の様々な分野で活躍しています。

学校は、昨年、40周年を迎えました。又、国のSGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校に認定され課題解決型の学習に取り組み、多くの部が全国大会や関東大会へ出場しています。

これからも、より一層、同窓会として、青春時代にお世話になった母校の更なる発展のために、全力で応援していきたいと思っていますので、ぜひ皆様のお力をお貸し下さい。

 

そして、同窓会員の親睦が深まり、その輪が広がるために、「同窓会メンバーが、身近で、こんなことやってるよ! 集まっているよ!」という情報がありましたら、気軽に同窓会役員へ教えて下さい。

そうしたことを、河高同窓会のホームページなどを活用して地域に発信していきます!

 

最後に「河高の同窓会員で、本当に良かった!」と、言って頂けるように同窓会役員一同、精一杯努力して参ります。皆様のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

同窓会長 天野績男(4期生)

会則

山梨県立富士河口湖高等学校同窓会会則

第1条 本会は山梨県立富士河口湖高等学校同窓会と称し、事務局を富士河口湖高等学校内に置く。

第2条 本会は会員相互の親和を深め、母校の事業を賛助するとともに、地域文化の発展に貢献することを目的とする。

第3条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)会報および会員名簿の発行
(2)講演会、講習会、展覧会等の開催および後援
(3)母校の発展に関する事業
(4) 会員の慶弔慰問
(5)その他必要と認めた事業

第4条 本会の会員は次の通りとする。

(1)正 会 員……山梨県立富士河口湖高等学校卒業者、および在学したことのある者で会員の推薦により役員会で承認された者
(2) 特別会員……母校現職員
(3) 名誉会員……母校旧職員および母校または本会に特別に功労のあった者で役員会で承認された者

第5条 本会の役員およびその選出方法は次の通りとする。

(1) 名誉会長      母校現校長
(2) 顧  問      歴代会長
(3) 会  長  1 名 理事会で推薦し、総会の承認を得る。
(4) 副 会 長  若干名 同  上
(5) 理  事  若干名 会長が指名し、総会の承認を得る。
(6) 監  事  2 名 同   上
(7) 評 議 員      各卒業年度の各クラスより1名を互選する。
(8) 事務局委員 若干名 母校職員があたる。

第6条 役員の任務は次の通りとする。

(1)会長は本会を代表し、会務を総理する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはそのうち1名がこれを代行する。
(3)理事は会務の処理と執行にあたる。
(4) 監事は会計を監査し、総会に報告する。
(5)評議員は本会と会長との連絡役を果たすとともに、会長の諮問がある時は必要事項を協議する。
(6) 事務局委員は会務の事務処理にあたる。

第7条 役員の任期は評議員を除いてはすべて2か年とする。但し、再任を妨げない。評議員は各クラス会で互選される都度、解任または選任されるものとする。

第8条 総会は本会の最高決議機関であり、原則として毎年1回7月に開催し、会務の報告、その他の必要事項を協議決定する。また会長は必要に応じて臨時総会を招集することができる。

第9条 総会の決議は正会員のみとし、出席会員の過半数の賛成をもって決定する。

第10条 理事会は会長、副会長、理事をもって構成する。但し、会長は諮問を必要とする事項があるときは、顧問または評議員を招集して拡大役員会を開くことができる。

第11条 理事会は総会に次ぐ決議機関であり、緊急の場合には理事会の決議によって会務を執行することができる。

第12条 本会の経費は正会員の会費および寄付金をもってあてる。但し、総会の承認を得て臨時会費を徴収することができる。

第13条 会費は金10,000円を卒業時に納入するものとする。

第14条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

第15条  本会則は総会において出席会員の2/3以上の同意がなければ変更することはできない。

 

付   則

第1条 本会員は住所、氏名、勤務先等の変更があったときは、すみやかに本会事務局に連絡するものとする。

第2条 本会は必要に応じて支部を置くことができる。支部を設置する場合には、会員名簿と支部役員名簿を作成して会長に提出し、承認を得るものとする。

第3条 本会の慶弔に関する規定は別に定める。

第4条 個人情報保護に関する取り扱いについての方針は別に定める。
 

付    則

本会則は昭和 55年3月1日より施行する。

平成  6年4月1日一部改正

平成 14年4月1日一部改正

平成 30年4月1日一部改正


山梨県立富士河口湖高等学校同窓会慶弔規程

第1条 会員の特別の慶事については、会長はその都度幹事会にはかり協議決定する。
    幹事会は校長、教頭、会長、副会長で構成する。

第2条 会員の弔事については、特別な場合幹事会にはかり協議決定する。

第3条 会長、副会長退任の場合は、その都度理事会で協議の上、感謝状および記念品を贈る。

第4条 上記の各条に該当しない場合は、その都度幹事会で協議決定する。

第5条 この規程は昭和 55年3月1日より施行する。
平成 25年7月5日一部改正


山梨県立富士河口湖高等学校同窓会個人情報保護方針

山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は、会員相互の親和を深め、母校の事業を賛助するとともに、地域文化の発展に貢献することを目的として会員の個人情報を取り扱っておりますが、個人情報の安全・確実な管理は本会に課せられた社会的使命であると認識し、以下の方針を定め、個人情報の保護に努めます。

1 個人情報の収集・利用について
  山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は、個人情報の収集・利用に際して利用目的を特定し、適法かつ公正な手段により収集するとともに、特定した目的以外には利用しません。

2 個人情報の適切な管理について
  山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は、個人情報の適正な管理のために本方針に基づく細則等を定め、これを踏まえて必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

3 個人情報の第三者への提供について(原則として第三者には提供いたしません)
  山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は業務を委託する場合、法令の定めにより必要とされる場合及びその他の正当な理由がある場合を除いて、本人の同意を得ずに第三者への提供は行いません。

4 訂正・利用停止請求について
  山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は、本人から申し出があった場合、所定の手続きの上で個人情報の訂正・利用停止等の請求に応じます。

5 法令等の遵守について
  山梨県立富士河口湖高等学校同窓会は、個人情報の保護に関連する法令等を遵守します。

山梨県立富士河口湖高等学校同窓会個人情報取扱細則

第1章 目的

第1条  本細則は本会がその業務を通して取得した会員の個人情報を適切に管理、利用、保護し、もって会員のプライバシーを保全することを目的とし、あわせて、個人情報の適正な取り扱いに関し、本会の個人情報保護に関する施策の基本となる事項を定め、よって会員の権利、利益を守り業務の健全な向上をはかることを目的とする。

第2章 個人情報の定義

第2条  会員の個人情報とは、氏名、住所、電話番号やその他の記述により当該本人を識別することができるもの(他の情報と安易に照合することができ、それによって当該本人を識別できるものを含む。)をいう。

第3章 個人情報収集の原則

第3条  本会が行う会員の個人情報の収集は、本会の事業の運営に必要な範囲に限定し、会員本人または会員が同意する第三者から公正な手段で収集されなければならない。なお、本会が会員等から個人情報を収集するに際しては、当該情報の利用目的及び当該情報が第5条の各号に該当するものに開示されることがあることについて明示した文書に同意の署名を得た上で行うことを原則とする。

第4章 個人情報利用の原則

第4条  本会による会員の個人情報の利用は、予め公表した利用目的の範囲に限定して利用されるものとし、会員の同意なく目的外の利用をしてはならない。

第5章 第三者への個人情報提供の制限

第5条  本会は、次の各号に該当する場合を除き、会員本人の個別の同意なくして、その個人情報を第三者に提供してはならない。
     1 本会が業務の一部を外部に委託しており、委託業務の遂行のために必要不可欠な場合。  
     2 法令により、本会が相手方に当該情報を提供することが義務づけられている場合。
     3 その他の正当な理由がある場合。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 富士河口湖高校同窓会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.